« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

webサービス呼び出し&展開

            // 入力ストリーム取得
            String requestPath = "http://api.rakuten.co.jp/rws/1.11/rest?developerId="
                    +  developerId
                    + "&operation=CDSearch&version=2007-10-25&keyword="
                    + URLEncoder.encode(searchKeyword, "UTF-8");
            
            System.out.println("requestPath = " + requestPath);

            URL requestUrl = new URL(requestPath);
            URLConnection connection = requestUrl.openConnection();
            InputStream input = connection.getInputStream();
            // BufferedReader reader = new BufferedReader(new
            // InputStreamReader(input, "UTF-8"));

            // ドキュメントビルダーファクトリを生成
            DocumentBuilderFactory dbfactory = DocumentBuilderFactory
                    .newInstance();
            // ドキュメントビルダーを生成
            DocumentBuilder builder = dbfactory.newDocumentBuilder();
            // パースを実行してDocumentオブジェクトを取得
            Document doc = builder.parse(input);
            // ルート要素を取得(タグ名:message)
            Element root = doc.getDocumentElement();

            // page要素のリストを取得
            NodeList list = root.getElementsByTagName("Item");
            
            ArrayList<WebserviceRakutenBean> resultList = new ArrayList<WebserviceRakutenBean>();
            
            // page要素の数だけループ
            for (int i = 0; i < list.getLength(); i++) {
                // page要素を取得
                Element element = (Element) list.item(i);

                // title要素のリストを取得
               NodeList els = element.getElementsByTagName( "NODE NAME");
               // title要素を取得
               Element elementBox = (Element)
element.item(0);
               // title要素の最初の子ノード(テキストノード)の値を取得
               String value = elementBox.getFirstChild().getNodeValue();
          }

もっと便利な方法もあるんだろうが、
頭回らない。。。(ノД`)

| コメント (0) | トラックバック (0)

青春時代のBGMをさらしw

| コメント (0) | トラックバック (0)

“とりあえず”が通用しなくなる「工事進行基準」の世界

“とりあえず”が通用しなくなる「工事進行基準」の世界


まー当然だが。。。

前々から言ってるんだけどね。。。。
なぁなぁで始めるとロクなこたーないw

| コメント (0) | トラックバック (0)

Bookコンポーネント

http://www.rubenswieringa.com/code/as3/flex/Book/

すばらしすぎる。

全部タグ化されてる。

動画・swfもページに貼り付けられるので
色々アイデアの幅が膨らむ。。。

っが・・・・


ASからfor文なんかで、動的に<page>を追加(addChild)するのと
MXMLに「タグ」でページ追加したときとは挙動がかわるっぽい。。。
※おそらくデフォルトの設定値が違う。

もうちょっと解析が必要だけど、そこをクリアすれば文句なしのコンポーネントですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

FMSお勉強1

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute" creationComplete="init()">
<mx:VBox>
    <mx:Button id="buttonConnect" />
    <mx:TextInput id="conStatus" />
</mx:VBox>
<mx:Script>
     <![CDATA[
         
         public var connection:NetConnection;
         public var conString:String;
         
         public function init():void{
            
             connection = new NetConnection();
            
             conString = "rtmp://localhost/vod/";
            
             buttonConnect.addEventListener( MouseEvent.CLICK , connectFMS );
         }
         
         public function connectFMS(event:MouseEvent):void{
            
             connection.client = this;
             connection.connect( conString );
            
         }
         
         public function onBWDone():void{
            
             trace("onBWDone");
         }
         
     ]]>
</mx:Script>
</mx:Application>

これだけあれば繋がるはず。

| コメント (0) | トラックバック (0)

イメージをセピアにする

色々いじったけど、これが一番しっくりきたかな。。。。
                private function applyFilter():void {
                    var matrix:Array = new Array();
                    matrix = matrix.concat([0.37, 0.33, 0.38, 0, 0]); // red
                    matrix = matrix.concat([0.33, 0.33, 0.33, 0, 0]); // green
                    matrix = matrix.concat([0.33, 0.33, 0.23, 0, 0]); // blue
                    matrix = matrix.concat([0, 0, 0, 1, 0]); // alpha
                    var filter:ColorMatrixFilter = new ColorMatrixFilter(matrix);
                    var filters:Array = new Array();
                    filters.push(filter);
                    imageStage.filters = filters;
                }

っと。できてから色々調べたら
当然のように上の設定値が転がってたorz

| コメント (0) | トラックバック (0)

Flex2で システムFONT以外を使用する

スタイルで指定すればダイナミックに変えられるらしい。

とりあえず、スタイルじゃなくSWF経由の方法メモ
        /* assets/FlashTypeStyles.css */
        @font-face {
            src:url("assets/font/font.swf");
            fontFamily:"あんずもじ";
        }

font.swfにダイナミックテキスト指定でいいので
fontFamilyに指定するフォントでpublish

後はイメージと同じ扱い。

| コメント (0) | トラックバック (0)

FMS

昨日まで3日間 FMSのお勉強してきました。

仕事に即適用できるのか、微妙な技術がさらに微妙に遠くなった。
ってのが率直な感想ですw

まぁ。いかなきゃ「わからないことがよーわからん」って状態だったので
それよりはマシって状況です。

で、FMS漬けだったせいか
リアルタイム処理にちょっと興味が出てきたのでてきとーにググってみたので

[シン石丸の電脳芸事ニッキ]
http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/blog/action_script_30/index.html
こちらの方はWebCamからのリアルタイム処理記事が多かったの。


表示オブジェクトのフィルター処理
http://livedocs.adobe.com/flash/9.0_jp/main/fl_filters_example.pdf



しかし。。。

頭の中がAS1 AS3 Javaとぐちゃぐちゃになってきたwwww

| コメント (0) | トラックバック (0)

くるる進捗

大方の動きはできるようになったんですけどね。

試しにサーバーに乗せてみたらどっかのURLマッピングが違っているらしく。
アップロードがうまくいかないヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

あわせて、メインのPhotoViewerデザインに着手。
最後にとっておいたメインディッシュ♪

Kururu20080601

とりあえず、拾い画でレイアウト。

やっぱPhotoViewerは主役は写真ですからね。
写真が映えるデザインにしたいです。

余計な装飾もなし、余計なモーションもなし。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »